面倒輩をからかうという動作は人として下限

まだ昔の物事、近くに今にも壊れそうな家で靴や氏を通していたオジサンが居たのですが、見るからにビンボーですなと映る家で、芝居ときの中にも靴が4,5仕事場しかなく、良くやっていけるなとおもうランチタイムでした。奥さんが亡くなった後はお姉ちゃんが全額やっていた様に覚えています。現時点思えばそちらのオジサンは車椅子で徒歩が悪かったのでしょう、ぼくが周りと出先で遊んでいる時は必ず、そちらの傍を通りました、どなたからというラクラク、そのお家の傍でやれびっことかビンボーとか大声を出しながら去るのでした。昔、現時点思えば本当に悪いとは思っていなくて何でこんな事をしていたんだろうと思います。それも段々エスカレートして行って、すり抜けるのでは無くそこういう靴や氏の友人で、びっこ、びっこなどとても酷い物事ばかり言い続けたのです。時折オジサンが本当に頭に来たのでしょう、車椅子から起き上がる立場を見せましたが、どうせ追っかけて欠けるだろう、ぐらいの意思でした、今はもう亡くなっているでしょうが、今でも私の心はわびいらっしゃるのみです。